ドリームキャストBIOS、GD-ROMの吸出し方法(ブロードバンドアダプタ使用)

ドリームキャストの吸出し方法をネットで調べてみたものの、
どの記事も古かったり、説明不足だったりと、なんともいまいちだったため、
ドリームキャストの吸出し方法についてまとめました。

補足説明
ドリームキャストのソフトは世間一般に流通している、
CDやDVDとは違いGD-ROMという独自規格のため、
他ゲームソフトのようにPCのドライブでは吸い出せません。

大まかな吸い出し作業の流れとしては、
ドリームキャストのドライブでソフトを読み込み、
それをPCから接続して取得する作業になります。

準備するもの

  • ドリームキャスト本体(MIL-CD対応)
  • ブロードバンドアダプタ
  • ブロードバンドパスポート(※ブロードバンドアダプタに付属)
  • パソコン
  • ダウンロードソフト
  • 空のCD-R
  • LANケーブル

ドリームキャスト本体

吸い出し作業の途中で、有志の方が作成された自作ソフトウエアをCDに焼き、
これをドリームキャストで起動させる必要があります。
ドリームキャストはCDの読み込み可能なもの不可なものがありますので、
中古で仕入れる際にはMIL-CD対応のものを購入するようにしてください。
見分け方はこちらのサイトを参照されたし。
参考 MIL-CD対応、非対応機の見分け方そこぬけろ!

ブロードバンドアダプタ


ドリームキャストに取り付けるLANアダプターとして使用します。
中古で8000円程でした。ヤフオクなどで探してみてください。

ブロードバンドパスポート


ドリームキャスト本体のネットワーク設定に使用します。
ブロードバンドアダプタの付属品のため、
基本的にはブロードバンドアダプタを買えばついてくるのですが、
欠品していた場合、別途準備しておいてください。

パソコン

他サイトにはWindows XP推奨と書かれてたりしてましたが、
インターネットブラウザ(chromeやInternet Explorerなど)が入っていれば、MacでもWindowsでも構いません。

ダウンロードソフト

詳細な使用方法は後述しますが、
以下有志の方が作成されたソフトウエアをドリームキャストで起動する事で、
ドリームキャストをWebサーバとし、PCからアクセスすることで、
ドリームキャストのBIOS、フラッシュファイル、セットしたROMのデータを取得する事ができます。

こちらのサイトからダウンロードしておいてください。
gotwalls.com
[ files ]⇒[ elf + cdi bootcd ]からダウンロードできます。

空のCD-R

ダウンロードソフトを書き込み、ドリームキャストで起動して使います。

LANケーブル

ドリームキャストとPCの接続に使用します。
他サイトにはクロスケーブルが必要とかかれてたりしますが、
ストレートでもクロスでもどちらでも良いです。

補足説明
昔は使い分ける必要がありましたが、今は自動判別してくれるので、
よっぽど昔のパソコンを使ってさえいなければ問題ないはずです。

吸出し手順

1.ドリームキャストのIPアドレスを設定

ドリームキャストにブロードバンドパスポートをセットして電源をつけ、

タイトルが表示されたら、スタートボタンを押してメニューを表示する。

メニューより「オプション」を選択する。

「プロバイダー」を選択する。

「IPアドレス」、「デフォルトゲートウェイ」「サブネットマスク」を設定する。
設定後「すすむ」を選択する。

設定内容は以下の通り
IPアドレス      :192.168.1.100
デフォルトゲートウェイ:255.255.255.0
サブネットマスク   :192.168.1.1

※以降はDNS、メールなどの設定が続くが、すべて「すすむ」を選択し、
ネットワーク情報の記録まできたら、一番左の「情報を記録」を選択する。

以上でドリームキャストのIPアドレスの設定は完了。

2.起動ディスクの作成

ダウンロードしたhttpd-ack-20080711.zipを任意のフォルダに解凍する。

解凍後、httpd-ack-20080711.cdiをライティングソフトでCDに書き込む。
※私はImgBurnというソフトを使用しました。
インストールおよび使い方は下記サイトを参照。
参考 ImgBurnのダウンロードと使い方k本的に無料ソフト・フリーソフト

以下、書き込みエラー時の補足
デフォルトでは.cdiを焼こうとすると以下のエラーログが表示され焼けない。

無いといわれているPfcToc.dllファイルを下記のサイトの一番下からダウンロードし、
解凍後、PfcToc.dllをImgBurnをインストールしたフォルダに置く。
http://www.imgburn.com/index.php?act=download

ドリームキャストに作成したディスクをセットし、電源をつける。
下記のような画面が表示されればディスクの作成は完了。

3.パソコンからドリームキャストへ接続する

ドリームキャストに初期装備されているモデムを取り外し、そこに準備したブロードバンドアダプタを装着する。
装着後、ブロードバンドアダプタにLANケーブルを差し込み、反対側をPCに接続する。
※ネット環境が整っているのであれば、ドリームキャストおよびPCをルーターに接続して繋いでも良い。
私の場合、今の作業場所のネットはポケットwifiでネット接続していたので、
選択の余地無く、ドリームキャストとPC本体を直接繋ぐことにしました。

ドリームキャストに作成したディスクをセットし電源を入れる。
以下の画面が表示されたら、セットしたディスクを取り出し、
吸い出すソフトをセットしておく。

※ドリームキャストとPCを直接繋いだ場合は、
PCのIPアドレスを自動取得から、ドリームキャストに設定したIPアドレスと末尾以外を合わせる必要があります。
アダプター設定より、IPアドレスの設定を以下のように設定します。

直接繋ぐ場合、ローカルエリア接続が認識されないので、
ドリームキャスト側で以下のように設定した場合、
IPアドレス      :192.168.1.100
デフォルトゲートウェイ:255.255.255.0
サブネットマスク   :192.168.1.1

PC側でも192.168.1までを合わせる必要があります。
IPアドレス      :192.168.1.101
デフォルトゲートウェイ:255.255.255.0
サブネットマスク   :192.168.1.1

設定後、ブラウザを開きアドレスバーにドリームキャストに設定したアドレス「192.168.1.100」を入力しEnterキーを押しドリームキャストへ接続します。
接続できると、以下のような画面が表示されます。

「Trac」のtrack01.bin、track02.raw、track03.binのリンクをクリックして、
全て保存する。
※track03.binがだいたい1GB程度あり、20分弱かかりました。
GD-ROMの外周の部分かな..

「Misc」のdc_bios.bin、dc_flash.bin、syscalls.bin、disc.gdiも全て保存する。

以上で吸出し作業は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。