【ネタバレあり】新サクラ大戦 感想とレビュー

先日クリア直後にTwitterにて端的な感想をツイートしました。

正直に述べると手放しに喜べないところもあるし、悶々としている点もあります。
思い冷めやまぬうちに、その辺も含めた感想、レビューになります。

※あまりネタバレしている気はしないですが、
未プレイの方は、読まれないようお願いします。
また、嫌だと思うことを有り有りと書いているので、
気分を害されそうな方も、読まないようお願いします。

※以下、ネタバレあり。

良かったところ

  • サクラ大戦らしさは健在!
  • 新ゲキテイ最高!
  • 登場キャラクターがみんな素晴らしい!
  • 帝都の主要スポット&帝劇の3Dグラフィック化
サクラ大戦らしさは健在です!
お風呂イベントや会話中の唐突にくるLIPS、完全再現された帝劇には感動ものです。
新ゲキテイはこれまでのOPてんこ盛りで最高以外の何者でもないですし、
登場キャラクターは本当にどの人も、
個性的で良い子ばかりで、ストーリーを進めるにつれどんどん好きになりました。

良ろしくなかったところ

  • ゲーム全体のボリューム少なし
  • アクションパートがいまいち
  • ストーリーがちぐはぐ?、キャラの掘り下げが浅い
  • 旧作の扱いがぞんざい過ぎませんか。。。
ストーリー全体のボリュームが少なかったかなあという印象でした。
私の場合、帝劇に遊びに来ている人や、待ちの通行人まで毎話話しまくったり、調べられる場所を調べまくったりしてましたが、
それでも短いと感じるあたり、純粋にストーリーを一直線に進めた人はもっと短いと感じたのではないでしょうか。

また、各所で批判されているアクションパートですが、
プレイ前に批判意見を見た時は「あー、昨今のゲームはできが良いからなあ、
みなさん下が超えてらっしゃる」なんて悠長に思ってましたが、本当にひどいです。
作った人はアクションゲームやり込んだことあります?レベル。
1戦闘あたり10分弱〜20分弱時間を要するのですが、
その間(ボス戦を覗く)は湧き出てくる雑魚を倒し続ける連打ゲーと化します。
(せめて遠距離攻撃の子達にはロックオン機能つけて欲しかった、戦国無双風なのに何故かストレスフル)
そして、ちょこちょこ15分前後の戦闘をしいられるのですが、コレと言って他のやりこみ要素なし。
新技やアビリティのアンロックなんかあればもっとやる気も出るのですが。。。

花組は6人いるのに、使用できるのは主人公を含めた2人、ないし3人です。
(さっきまで散々花組は全員揃ってこそ!みたいなこと言っておいてこれ。)
しかもストーリ毎に隊員固定ばっかだし。。。これならサクラⅤのARMS仕様に戻せと思う日々。。

キャラクター掘り下げが浅いし、信頼・絆を深めていくための各話の内容がペラペラ。。
どうしてこれで信頼が得られるのか。。。この子達ちょろ過ぎないかと、人間性を疑うレベル。
ストーリーとキャラの言動も後半は特にちぐはぐだしで、若干興ざめしてしまうところもありました。

一番受け入れ難かったのは旧作の扱いです。(未だ私は消化不良中ですが)
ツッコミどころ満載なのは従来通りだから、どうでも良いとして。
旧作の設定・キャラをぞんざいに扱い過ぎかと。。。

帝都・巴里・紐育の各華撃団の消滅はゲーム紹介段階で既にされてましたが、
それに対するストーリー展開がものすごく消化不良。
これまでの旧作での戦いを無に返された気分です。
何より、大神さんや大河くんそして花組・星組のみんなは
これまでどんな困難にも挫けることなく打ち勝ってきました。
そんな彼らに対して、どうしてこういう結末の続きとして本作を作ったのかと。
(ゲームオーバーの世界線なのか?)

そして本作では旧華撃団で残された側の人として、
すみれさんにのみスポットライトが当てられていましたが、
それ以外の人達、
米田司令、かえでさん、グランマ、メルシー、サニーサイドやラチェットさん達はどうしているのかと、
すみれさん同様、どこの誰よりもこの状況を受け入れず、
足掻いてるはずだと思うのですが、それはまた別のお話ということでしょうか。

まとめ

評価(星5評価)
新規ユーザーへのおすすめ度
(3.5)
既存ユーザーへのおすすめ度
(3.0)
ストーリー
(3.0)
キャラクター
(4.0)
アクション
(2.0)
総合評価
(3.5)

先日のTwitterの感想の通り、待ちに待ちまくった新サクラ大戦です!
復活させてくれたSEGAをはじめ、これまで繋ぎ止めてくれていた方々には感謝の他ありません。

ただ、サクラ大戦はこれまでの旧作に並々ならぬ思いがあるが故に、
帝都・巴里・紐育の華撃団の活躍がなかった事のようにされている気がしてならないし、
クリアしてなお不完全燃焼感が否めません。

「新規ユーザーを獲得するためにそうしたんだ」ということであれば、
まだすんなり受け入れられるかもしれません。
ですが、1週目をクリアしてみての感想はどう贔屓目に見ても、
既存ユーザーの満足度、新規ユーザーの満足度どちらも満たせていないのではないかと思います。
正直なところ、旧作をやってきた人に、やったほうが良いかと聞かれたら
2つ返事で「はい!あのサクラ大戦が復活しましたよ!絶対やったほうが良いですよ!」とは言えません。。。

ですが、サクラ大戦とは良くも、悪くも変革ありきだと思っています。
振り返れば、3以降のゲームに関しては、私は毎度ネガティブな思いから始める事が多かったです。
サクラ大戦3の時は、「えっ、メインヒロインがさくらじゃないのにサクラ大戦なの??」とやる前から斜に構えてしまってました、
サクラ大戦4の時は、あっけない幕引きに物足りなさを感じ、
サクラ大戦Ⅴの時は、主人公含む総とっかえに「これはサクラ大戦」なのかと中々しっくりきませんでした。

ですが、周回するたびに良さが分かり、
新作が出るたびに過去作を振り返り前作の良さを知り、
当初のネガティブな思いは消え去っていきます。
ようするにサクラ大戦はスルメゲーだと思ってます(笑)

これまで公式アナウンスのあと何も音沙汰が無く、ひっそりと公式HPからも消えてしまい謎ゲームのままとなってしまったものはありましたが、
(KOUMAだったかな?、学園ものとかもあったような、違ってたらごめんなさい。。)
これまで「君あるがため」以外何も音沙汰がなかったサクラ大戦シリーズ。
サクラVから14年、ついに「新」の名を冠してタイトルゲームが出た事は感激以外の何者でもないし、
新サクラ大戦を作ってくれたからには、これを始めとして必ず次が出ると信じてます。

そして今後、新サクラ大戦が続編、続々編と続く事で、
今回の新サクラ大戦も紛れもないサクラ大戦シリーズだと思える日が来ると信じて待ってみる事にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。